産経ニュース

市電前に18分“仁王立ち” 威力業務妨害容疑で男逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


市電前に18分“仁王立ち” 威力業務妨害容疑で男逮捕

 札幌・中央署は15日、札幌市の路面電車の軌道上で約18分間にわたり立ちふさがって進行を妨げたとして、威力業務妨害の疑いで、無職、柴崎欽吾容疑者(68)=同市中央区=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は午前11時ごろ、札幌市中央区南1条西15丁目の市電「西15丁目停留場」付近で、乗客を乗せた路面電車の進行を妨げた疑い。中央署の調べに「運転士の態度が気にくわなかった」と供述し、容疑を認めている。

 同署によると、路面電車は西15丁目停留場を出発し、約1メートル離れた場所で信号待ちしていた。そこに柴崎容疑者が現れ「電車に乗せろ」と運転士に要求。運転士は停留場の外では乗せられないと説明し、次の電車に乗るよう促すと、立ちふさがったという。

 札幌市交通局によると、運転士はマイクで「どいてください」と催促し、乗客からも「どけ」という声が上がったが、柴崎容疑者は一向に離れる様子がないため、同交通局などが110番した。この影響で乗客約150人に遅れが出たという。

「ニュース」のランキング