産経ニュース

【相模原19人刺殺】安倍晋三首相が安全対策の徹底や措置入院のあり方の見直しなどを指示 関係閣僚会議を官邸で開催

ニュース 社会

記事詳細

更新

【相模原19人刺殺】
安倍晋三首相が安全対策の徹底や措置入院のあり方の見直しなどを指示 関係閣僚会議を官邸で開催

「津久井やまゆり園」周辺には警察関係者の姿も多く見られた=28日午後、相模原市緑区(三尾郁恵撮影) 「津久井やまゆり園」周辺には警察関係者の姿も多く見られた=28日午後、相模原市緑区(三尾郁恵撮影)

 安倍晋三首相は28日、相模原市の障害者施設で入所者19人が刺殺された事件に関する関係閣僚会議を官邸で開き、事件の真相究明や施設の安全対策強化、措置入院後のフォローアップを早急に実施するよう指示した。

 首相は会議で「決してあってはならない事件で、断じて許すことはできない」と強調。塩崎恭久厚生労働相、河野太郎国家公安委員長らに「さまざまな観点から必要な対策を早急に検討し、できるところから速やかに実行に移していくように」と指示した。

 厚労省などは今後、施設の安全対策や精神疾患によって「自傷他害の恐れ」がある場合、本人や家族の意思にかかわらず強制的に入院させる「措置入院」のあり方などを見直す。河野氏は会議後、記者団に「措置入院などのあり方を厚労省中心にしっかり再検討する必要がある。警察もしっかりとそれに対応をしていきたい」と語った。

「ニュース」のランキング