産経ニュース

【ダッカ人質事件】「なんでうちの店が…」 襲撃された飲食店オーナーは事件発生時に訪日していた! 「テロには絶対に負けない」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【ダッカ人質事件】
「なんでうちの店が…」 襲撃された飲食店オーナーは事件発生時に訪日していた! 「テロには絶対に負けない」

慰霊祭で犠牲者に黙祷をささげるアラム・クルシド・マイケルさん(左)=東京都北区(伴龍二撮影) 慰霊祭で犠牲者に黙祷をささげるアラム・クルシド・マイケルさん(左)=東京都北区(伴龍二撮影)

 「なんでうちの店が…」。バングラデシュの首都ダッカの飲食店襲撃テロで、日本人8人が死傷した事件。事件現場となったレストラン「ホーリー・アーティザン・ベーカリー」のオーナーの1人、アラム・クルシド・マイケルさん(49)は事件発生時、日本に滞在していた。店は現在も、現地当局によって封鎖されたままだ。それでも世界から再開を願うメッセージが5千件以上寄せられており、アラムさんは「テロには絶対に負けない。絶対に店を再開させる」と語っている。

「はじめは強盗かと」

 日本時間2日未明(現地時間1日)、アラムさんの電話が鳴った。「店にトラブルがあったようだ」。話を聞くと、武装した人物が店に入ったという。当初は「強盗に入られたのだと思った」と振り返る。

 ところが時間を追うにつれて入ってくる情報は悪化の一途をたどる。

 「爆弾を持っているという情報がある」「男が複数人立てこもっているらしい」「銃撃戦で犠牲者が出ているようだ」-。次々に伝わる最悪の知らせ。

 「どうして自分の店でこんなことに…。理由が全く分からない」。やがて日本のメディアでも事件が報道されるようになった。

 現地では治安当局がレストランに突入。テロリストを制圧したが、日本人を含む多くの死傷者が出てしまった。

続きを読む

「ニュース」のランキング