産経ニュース

【日曜に書く】そのファイルを開けますか サイバー攻撃は新たな戦闘手段になった 論説委員・井伊重之

ニュース 事件

記事詳細

更新

【日曜に書く】
そのファイルを開けますか サイバー攻撃は新たな戦闘手段になった 論説委員・井伊重之

拡大するサイバー攻撃

 サイバー攻撃による情報漏洩(ろうえい)が相次いでいる。旅行業最大手のJTBが攻撃を受け、約680万人の個人情報が流出した可能性があるという。その中には顧客のパスポート番号も含まれており、旅行会社に対する信頼を揺るがす事態といえる。

 業務連絡を装ったメールを送りつけ、不正なプログラムで情報を盗み出す「標的型メール」で被害にあった。昨年には日本年金機構が同じ手口の攻撃を受け、約125万件の個人情報が流出して社会問題化した。

 サイバー攻撃の手口はますます巧妙化し、企業や政府機関が警戒を強める中でも被害が続出している現状を深刻に受け止めなければならない。わが国はいま、目に見えない卑劣な攻撃に日夜さらされているとの危機感を持ちたい。

 JTBは今年3月、取引先の航空会社を装ったメールの添付ファイルを子会社社員が開き、パソコンやサーバーなどが次々にウイルス感染した。その後、システム管理会社から「サーバーが海外と不審な通信をしている」とする報告を受けたが、実際に通信を遮断するまでに日数がかかり、情報流出の被害が広がったという。

 同社が観光庁に提出した報告によると、サイバー攻撃を受けたという情報が社内で共有化されていなかった。標的型メールの攻撃にさらされた年金機構でも関係機関との情報の共有化が遅れ、それが被害拡大につながった。こうした貴重な教訓が生かされなかったのは残念だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング