産経ニュース

「現金配ったことない」田母神俊雄被告が初公判で無罪を主張 東京地裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


「現金配ったことない」田母神俊雄被告が初公判で無罪を主張 東京地裁

田母神俊雄被告 田母神俊雄被告

 平成26年2月の東京都知事選をめぐり選挙運動員に現金を配ったとして、公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(67)の初公判が27日、東京地裁(家令和典裁判長)で開かれた。田母神被告は罪状認否で「報酬として現金を配ったことはない。道義的責任は感じているが、無罪を主張する」と述べた。

 田母神被告は黒いスーツにノーネクタイ姿。検察官が冒頭陳述を読み上げる間、両拳を膝の上に置き、まっすぐ前を向いていた。

 田母神被告は4月、同法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕され、5月に同罪で起訴されていた。

 共犯者として起訴された当時の選対事務局長、島本順光(のぶてる)被告(69)は初公判で無罪を主張。一方、元会計責任者、鈴木新(あらた)被告(58)は初公判で起訴内容を認めている。

 検察側の冒頭陳述によると、田母神被告は選挙運動の報酬として島本被告に200万円を渡したほか、島本、鈴木両被告と共謀し、複数の運動員に計280万円を渡したとされる。

 田母神被告は逮捕前、産経新聞の取材に「報酬の配布は了承も指示もしていない」と話していた。

「ニュース」のランキング