産経ニュース

ドローン無許可で飛行容疑 34歳男を書類送検 福岡県警

ニュース 社会

記事詳細

更新


ドローン無許可で飛行容疑 34歳男を書類送検 福岡県警

 小型無人機「ドローン」を無許可で飛ばしたとして、福岡県警中央署は24日、航空法違反容疑で、福岡市の契約社員の男(34)を書類送検した。同署によると、ドローン無許可飛行の摘発は九州で初めて。男は「趣味で福岡タワーや海を撮影していた」と供述、容疑を認めている。

 送検容疑は5月1日、飛行が禁じられている福岡市早良区百道浜の福岡都市高速道路上空で、許可を得ずにドローンを飛ばしたとしている。飛行を制御できなくなり、ドローンは高速道路上に落下、走っていた車がひく事故があった。

 無人航空機の飛行は、昨年12月に施行された改正航空法で規制。男は今年3月にドローンを買った際、店から説明を受けていたという。

関連ニュース

【釧路4人殺傷】「のんの」と呼ばれかわいがられていた容疑者…「暴れたりする姿見たことない」

「ニュース」のランキング