産経ニュース

【靖国爆発】全被告、動機は「反日ではなく注目浴びるため」だったが「反日の方が格好良い」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【靖国爆発】
全被告、動機は「反日ではなく注目浴びるため」だったが「反日の方が格好良い」

全昶漢被告(納冨康撮影) 全昶漢被告(納冨康撮影)

 靖国神社(東京都千代田区)の爆発音事件で、建造物侵入や火薬類取締法違反の罪などに問われた韓国籍の無職、全昶漢(チョン・チャンハン)被告(28)の第2回公判が22日、東京地裁(家令和典裁判官)で開かれた。被告人質問で全被告は「反日感情や靖国神社への否定感情はなく、注目を浴びるためだった」と動機を語った。

 捜査段階で全被告は「A級戦犯の合祀(ごうし)や首相参拝に不満があった」と供述していたが、「その方が格好良いと思った。本心は騒ぎを起こして韓国で称賛されたかった。人を負傷させる意図はなく、装置には殺傷能力を持たせていない。爆弾ではなく、爆発音を出す装置だった」と説明。

 事件後に韓国に帰国し、日本に再入国したことについて「具体的に再び犯行をする計画はなく、逮捕されることで自分がやったと知らせたかった」と話した。

「ニュース」のランキング