産経ニュース

【蹉跌再び 都知事の資質(中)】「何が悪い」舛添氏、注進聞き入れず 暴走した「大統領」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【蹉跌再び 都知事の資質(中)】
「何が悪い」舛添氏、注進聞き入れず 暴走した「大統領」

歴代の東京都知事 歴代の東京都知事

 「別荘の公用車。片道だったでしょう。あれが職員としての、せめてもの抵抗です」

 東京都の舛添要一知事を支え続けてきた都幹部は、公用車での別荘通いについて、再三にわたり、舛添氏に“注進”してきた実態を吐露する。「都民に誤解を与えるような使い方はまずい、と。ただ、『自分の車を使って何が悪い』と聞き入れなかった」

 舛添氏は4月22日までの1年間に計49回、神奈川県湯河原町の別荘まで公用車で移動し、「公私混同」と批判を集めた。金曜の午後2、3時台に都庁を出発するケースが多く、週末は別荘で過ごす。都のルール的には公務後の「帰宅」扱いで、舛添氏は「(別荘からの)帰り道は事務所の車を使っている」などと弁明。「ルール通りで問題ない」と主張した。

 都幹部は「舛添氏は人事権も握っている。それ以上は、強く言えなかった」と悔やみ、「あと1年も発覚しなければ、往復になっていたでしょうね」と語った。

 ×  ×  × 

 こうした実態は、舛添氏が4月28日の会見で語った「(幹部からやめるよう助言を受けたことは)ありません」との説明と食い違う。

このニュースの写真

  • 「何が悪い」舛添氏、注進聞き入れず 暴走した「大統領」

「ニュース」のランキング