産経ニュース

夫の焼酎に猛毒リシン…妻、起訴内容認める 生活費少なく「憎しみ爆発」

ニュース 事件

記事詳細

更新


夫の焼酎に猛毒リシン…妻、起訴内容認める 生活費少なく「憎しみ爆発」

 別居中の夫(34)の焼酎にトウゴマから抽出した猛毒「リシン」を混ぜて殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた宇都宮市みどり野町、無職、鹿毛(かげ)陽子被告(33)の裁判員裁判の初公判が16日、宇都宮地裁(二宮信吾裁判長)で開かれた。鹿毛被告は「特にありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、夫の管理で金銭を自由に使えなくなったことから殺害を考え、夫から振り込まれた生活費が少なく、「不満や憎しみが爆発した」と動機を説明した。

 弁護側は「夫からの暴力や子供への体罰があり、被告は精神状況が悪化していた。リシンの毒性には正確な認識を持っておらず、強い殺意はなかった」と主張し、情状酌量を求めた。

 検察側の証人として出廷した夫は、この事件の前にも毒を盛られ、死を意識するほどの苦しみを感じたといい、「怖い人間だと思った。子供のために早く離婚し、自分や子供の前に二度と現れないでほしい」と怒りをあらわにした。

 起訴状によると、昨年10月29日午後3時ごろ、別居中の夫の自宅で、リシンを紙パックの焼酎に混ぜ、夫を殺害しようとしたとしている。防犯カメラが設置されていたため、夫は飲酒することはなかった。

「ニュース」のランキング