産経ニュース

【舛添氏公私混同疑惑】面会者は死亡の出版社社長か 「墓参りに行くと言っていた」弟は舛添氏の説明に疑問

ニュース 事件

記事詳細

更新

【舛添氏公私混同疑惑】
面会者は死亡の出版社社長か 「墓参りに行くと言っていた」弟は舛添氏の説明に疑問

総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(撮影・春名中) 総務委員会集中審議に臨む舛添要一東京都知事=13日午後、東京都庁(撮影・春名中)

 東京都の舛添要一知事への集中審議で焦点の一つとなったのが、千葉県木更津市のホテルに家族同行で宿泊した際、客室で面会したとされる人物だ。面会者について説明を変遷させてきた舛添氏は「いつ連絡したのか」「どんな服装だったか」との追及に、「細かく覚えていない」「記憶にない」と繰り返した。

 当初、舛添氏は「事務所関係者ら」と会議をしたと説明。だが、6日に公表された調査報告書は「元新聞記者の出版会社社長」との面会と認定、舛添氏も同様の認識を示した。「社長」の氏名はプライバシーなどを理由に公表していない。

 一方、関係者取材で浮上したのが、舛添氏と長年の交流があるなど「社長」と条件が合致する男性の存在だ。男性は競馬情報などを扱う出版社の元社長で、かつて編集長を務めた新聞社発行の競馬雑誌では、舛添氏が連載を担当していた。

 また、舛添氏の資金管理団体は平成23年に同社会議室で会費1万円の勉強会を開催。同社取締役の女性は、過去に舛添氏の政治団体の会計責任者を務めていた。男性は昨年11月に死去。葬儀には舛添氏も出席したという。

このニュースの写真

  • 面会者は死亡の出版社社長か 「墓参りに行くと言っていた」弟は舛添氏の説明に疑問
  • 面会者は死亡の出版社社長か 「墓参りに行くと言っていた」弟は舛添氏の説明に疑問
  • 面会者は死亡の出版社社長か 「墓参りに行くと言っていた」弟は舛添氏の説明に疑問
  • 面会者は死亡の出版社社長か 「墓参りに行くと言っていた」弟は舛添氏の説明に疑問

「ニュース」のランキング