産経ニュース

20億円ATM不正引き出し事件に“暴力団の影” 「出し子」集めに半グレ動員か

ニュース 事件

記事詳細

更新


20億円ATM不正引き出し事件に“暴力団の影” 「出し子」集めに半グレ動員か

ねらわれるATM(AP) ねらわれるATM(AP)

 昨年12月27日にも関東地方を中心とする7都県のセブン銀行ATMで、偽造クレジットカードが一斉に使われ、現金計約1億円が引き出された。この際には、中米のエルサルバドルの金融機関が発行したクレジットカード情報を基に偽造したカードが使われていた。

 事情を知るという暴力団関係者は「実は、今年はじめごろにも同じ手口の大規模な不正引き出しが行われている。犯行は少なくとも3回に及ぶ」と声を潜める。犯行の背後に複数の暴力団が介在し、不正キャッシングを実行する「出し子」を集めるのに、暴走族OBを中心とした半グレ集団が関わったという。

 「『出し子』は、決行の1~2日前に口コミなどでリクルートされていたようだ。セブン銀行の事件が発覚する直前には、暴力団関係者らの間で、『いいシノギ(資金獲得活動)がある』と話題にのぼっていた。5月下旬にも人集めをしていたという話があり、すでに同様の犯行が行われたか、近いうちに実行される可能性もある」(先の暴力団関係者)

 裏社会の間で出回った偽造クレジットカードは「1万枚に及ぶ」(同)とも言われ、警察当局は“同時多発キャッシング”に警戒心を強めている。

このニュースの写真

  • 20億円ATM不正引き出し事件に“暴力団の影” 「出し子」集めに半グレ動員か

「ニュース」のランキング