産経ニュース

【北海道男児不明】暗い山中で何度も迷った 現場歩いた記者 孤独な7歳の姿浮かぶ

ニュース 事件

記事詳細

更新

【北海道男児不明】
暗い山中で何度も迷った 現場歩いた記者 孤独な7歳の姿浮かぶ

田野岡大和君が見つかった陸上自衛隊駒ケ岳演習場の施設((1))。奥は置き去りにされた林道付近((2))=3日午後、北海道鹿部町(共同通信社機から) 田野岡大和君が見つかった陸上自衛隊駒ケ岳演習場の施設((1))。奥は置き去りにされた林道付近((2))=3日午後、北海道鹿部町(共同通信社機から)

 冷たい雨、生い茂る草木-。6日ぶりに発見された小学2年、田野岡大和君は行方不明となった場所から保護された陸上自衛隊演習場までどのようにたどり着いたのか。発見から一夜明けた4日、可能性があるルートをたどったところ、所要時間は3時間超。山中をさまよう孤独な7歳の姿が浮かび上がった。(杉浦美香、三宅令)

 午後0時半すぎ。大和君が置き去りにされた場所からうっそうとした森に囲まれた林道を上っていくと森林管理署の門にぶつかった。その門の脇をくぐる。

 道は一本道ではなく、分岐が幾つもある。駒ケ岳に目星をつけて坂道を上っていく。アップダウンを何度も繰り返すうちに不安がよぎる。地図とグーグルアースで位置を確認すると迷っていることに気付いた。

 自衛隊員に携帯電話で方向の指示を求めながら歩を進めた。出発時には晴天だった上空はいつしか雨雲で覆われ、冷たい雨も降り出してきた。

 熊対策で運動会用のピストルを鳴らしながら入る人もいるという山中。猟友会の中村勉さん(71)の「マムシもおり、山に慣れている私らでもめったに近づかない」という言葉も頭をよぎる。

このニュースの写真

  • 暗い山中で何度も迷った 現場歩いた記者 孤独な7歳の姿浮かぶ
  • 暗い山中で何度も迷った 現場歩いた記者 孤独な7歳の姿浮かぶ
  • 暗い山中で何度も迷った 現場歩いた記者 孤独な7歳の姿浮かぶ

「ニュース」のランキング