産経ニュース

「食べログ」情報削除認めず 最高裁で判断確定

ニュース 事件

記事詳細

更新


「食べログ」情報削除認めず 最高裁で判断確定

 インターネットのグルメサイト「食べログ」に事実と違う内容を投稿されたとして、札幌市の飲食店経営会社がサイトを運営する「カカクコム」(東京都渋谷区)に店舗情報の削除などを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は、店側の上告を受理しない決定をした。投稿情報削除を認めず店側の請求を棄却した1、2審判決が確定した。決定は5月31日付。

 サイトに「料理が出るまで長時間待たされた」などと書き込まれたとして飲食店側が情報削除を求めて提訴したが、1審札幌地裁は「原告の請求を認めれば情報が掲載される媒体を選択し、望まない場合は掲載を拒絶する自由を原告に与えることになる。他人の表現行為や得られる情報が恣意(しい)的に制限されることになり容認できない」として請求を棄却。2審札幌高裁も1審を支持した。

「ニュース」のランキング