産経ニュース

【熊本地震】陸自大型ヘリ「CH47」、不具合で70機飛行できず 「本震」以降に活動開始

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊本地震】
陸自大型ヘリ「CH47」、不具合で70機飛行できず 「本震」以降に活動開始

御嶽山の捜索に向かう陸上自衛隊のCH47=平成26年10月8日(蔵賢斗撮影) 御嶽山の捜索に向かう陸上自衛隊のCH47=平成26年10月8日(蔵賢斗撮影)

 中谷元・防衛相は17日の記者会見で、4月14日の熊本地震の発生時、陸上自衛隊の大型輸送ヘリコプター「CH47」全約70機が、操縦系統の不具合による一斉点検中で即座に飛行できない状態だったことを明らかにした。

 中谷防衛相は、「本震」が発生した4月16日以降、安全性が確認できた機体から順次飛行を開始し「他の自衛隊機も投入して救援活動に当たった」と説明。一斉点検と米軍の新型輸送機MV22オスプレイによる支援の受け入れについては無関係との認識を示した。

 防衛省によると、4月12日、CH47の不具合が見つかった。同16日に点検を終えた2機から被災地への飛行を開始し、オスプレイが投入された同18日時点では十数機が救援活動に投入されていた。

「ニュース」のランキング