産経ニュース

【熊本地震】本震含めて「熊本地震」 気象庁が明確化

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊本地震】
本震含めて「熊本地震」 気象庁が明確化

 熊本、大分両県を中心に相次ぐ地震で、気象庁は21日、14日夜の熊本地方で震度7を観測した地震以降に発生した「本震」を含む一連の地震活動全てについて、「平成28年熊本地震」に含めると説明した。これまで気象庁は、16日未明の益城町などで震度7を観測した本震も熊本地震に含めるかどうかについては不明確な回答をしていた。

 一般的に地震に名称を付ける際、本震とその後の余震をひとくくりにして命名するが、今回は当初本震とみて「熊本地震」と名付けた地震の後に本震が発生し、さらに震源域が拡大していったため、どこまでを熊本地震に含めるかが不明確になっていた。

 地震は熊本地方、阿蘇地方、大分県の3つのエリアで発生しているが、気象庁は「それぞれ離れているけど、同時に起きている地震なので一連の活動とみている」と話している。

「ニュース」のランキング