産経ニュース

【熊本地震】阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆

ニュース 事件

記事詳細

更新

【熊本地震】
阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆

 地震で土砂崩れが発生した山から道路にあふれる水。道路に沿ったJR豊肥線の線路も押し流された=16日午前6時23分、熊本県南阿蘇村  地震で土砂崩れが発生した山から道路にあふれる水。道路に沿ったJR豊肥線の線路も押し流された=16日午前6時23分、熊本県南阿蘇村

 熊本県阿蘇地方や大分県中部で16日未明から相次いだ地震について、気象庁は同日、熊本県内で14日から続いた一連の地震と「関連する」との見方を示した。青木元・地震津波監視課長「ここまで広範囲に及ぶ地震は前例がない」と述べた。今後、両県にわたる広い範囲で余震の可能性があり、気象庁は警戒するよう呼びかけている。

 熊本市や熊本県南阿蘇村では16日午前1時25分、14日から続く一連の地震の本震とみられる推定マグニチュード(M)7・3の地震が発生。その後、同県阿蘇地方では最大で震度6強(M5・8)を観測する地震が相次いだ。

 さらに大分県中部でも午前2時ごろから地震活動が活発化し始め、同県由布市では午前7時11分、最大震度5弱(M5・3)を観測した。

このニュースの写真

  • 阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆
  • 阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆
  • 阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆
  • 阿蘇、大分での発生に「ここまで広範囲は前例ない」 気象庁担当者、名称変更の可能性も示唆

「ニュース」のランキング