産経ニュース

「訴え自体が不適法」 安保関連法廃止訴えた原告に最高裁

ニュース 事件

記事詳細

更新


「訴え自体が不適法」 安保関連法廃止訴えた原告に最高裁

 東京都在住の男性が安全保障関連法の廃止を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)は、原告の上告を棄却する決定をした。「訴え自体が不適法」として内容を審理せずに訴えを却下した1、2審判決が確定した。決定は14日付。昨年9月に成立した安保法に関する訴訟の判決が最高裁で確定したのが明らかになったのは初めて。

 1審東京地裁は、「審理の対象になるものではなく、訴えを提起できない」として訴えを却下。2審東京高裁も原告側の控訴を退けた。

「ニュース」のランキング