産経ニュース

【田母神元空幕長逮捕】直前「逮捕される」ツイッターに書き込み 田母神容疑者「何とも理不尽さを感じます」…

ニュース 事件

記事詳細

更新

【田母神元空幕長逮捕】
直前「逮捕される」ツイッターに書き込み 田母神容疑者「何とも理不尽さを感じます」…

逮捕前に自宅前で報道陣の取材に応じる田母神俊雄容疑者=14日午前、東京都世田谷区(松本健吾撮影) 逮捕前に自宅前で報道陣の取材に応じる田母神俊雄容疑者=14日午前、東京都世田谷区(松本健吾撮影)

 「本日、田母神は逮捕されるようです。何とも理不尽さを感じますが、国家権力にはかないません。しばらく発信できなくなります」。平成26年の東京都知事選で61万票を獲得した元航空幕僚長の田母神(たもがみ)俊雄容疑者(67)は逮捕直前の14日朝、自身のツイッターにこう書き込んだ。保守政治の新たな潮流に期待し、多くの支援者が田母神容疑者に「浄財」を託したはずだったが、その浄財が選挙運動員への買収目的に使われていたことになる。

 「大変申し訳ないと思っています」。田母神容疑者は14日朝、東京都世田谷区の自宅前で報道陣の質問にこう答え、「それ以外はノーコメント」と語り、タクシーに乗り込み東京地検へと向かった。

 関係者によると、陣営事務局長だった島本順光(のぶてる)容疑者(69)は26年2月の都知事選直後、運動員の貢献度に応じて金額を決めた「報酬リスト」を作成。産経新聞が入手したリストには、計18人の陣営幹部らの個人名と1人当たり400万~20万円の金額のほか、事務員ら10人分の報酬額などが記されていた。その総額は計2千万円だった。

 報酬リストでは、選挙カーで支持を呼び掛ける女性運動員を「ウグイス」と表記。選挙管理委員会に届け出た運動員については一定の報酬を支払うことが認められているが、規定の日当(1万5千円)を上回る金額を受け取っていた女性運動員の一人は、産経新聞の取材に「日当のプラスアルファはもらった」と受領を認めた。別の運動員は、島本容疑者から「選挙を手伝ってくれた人にお礼をしている」と言われ、封筒に入った現金を直接手渡されたと証言した。

「ニュース」のランキング