産経ニュース

築地市場で販売の有毒魚「バラハタ」、中華蒸し料理で提供済みだった 客6人、健康被害なし

ニュース 社会

記事詳細

更新


築地市場で販売の有毒魚「バラハタ」、中華蒸し料理で提供済みだった 客6人、健康被害なし

築地市場で販売されたバラハタ(東京都提供) 築地市場で販売されたバラハタ(東京都提供)

 築地市場(東京都中央区)の仲卸店が食中毒を起こす恐れがある有毒魚「バラハタ」を誤って販売した問題で、都は13日、購入した同区内の中華料理店がすでに客6人に提供していたと発表した。体調不良などの訴えはなかったという。

 都によると、販売されたバラハタ1匹は12日夜、蒸し料理にして、2グループ計6人に提供された。バラハタが含むシガテラ毒は摂取後1~8時間で発症するとされ、今後、健康被害が出る可能性は低いという。

 バラハタは別の魚と勘違いした仲卸店が12日午前に販売。食べると手足のしびれなどの神経症状が出る恐れがあり、都で販売先の特定を急いでいた。

「ニュース」のランキング