産経ニュース

【栃木・今市女児殺害】勝又被告に無期懲役判決

ニュース 事件

記事詳細

更新

【栃木・今市女児殺害】
勝又被告に無期懲役判決

勝又拓哉被告(大西史朗撮影) 勝又拓哉被告(大西史朗撮影)

 平成17年に起きた栃木県今市市(現日光市)の小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた勝又拓哉被告(33)の裁判員裁判の判決公判が8日、宇都宮地裁で開かれた。松原里美裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。被告は商標法違反罪などの区分審理でも有罪の部分判決を受けており、これを踏まえた量刑。

 被告は捜査段階で殺害を自白したが、公判では無罪を主張。直接証拠がない中、捜査段階の自白の信用性や状況証拠の評価が争点だった。勝又被告は17年12月2日午前4時ごろ、茨城県常陸大宮市内の林道で、吉田有希ちゃん=当時(7)=の胸をナイフで多数回刺し、失血死させたとして起訴された。

 検察側は「自白は具体的で迫真性がある」と主張。自宅方面と遺体発見現場方面を往復した車の走行記録や、遺体に付着した猫の毛の鑑定結果が被告の当時の飼い猫と矛盾しないことなどから「被告と犯人を結びつける客観的事実が多数存在する」としていた。

このニュースの写真

  • 勝又被告に無期懲役判決
  • 勝又被告に無期懲役判決
  • 勝又被告に無期懲役判決
  • 勝又被告に無期懲役判決
  • 勝又被告に無期懲役判決

「ニュース」のランキング