産経ニュース

秋田の合板工場火災、鎮火は8日か 国内トップ級生産に打撃

ニュース 事件

記事詳細

更新


秋田の合板工場火災、鎮火は8日か 国内トップ級生産に打撃

合板が激しく燃える現場で消火活動を行う消防隊員=6日午後7時15分ごろ、秋田市向浜(渡辺浩撮影) 合板が激しく燃える現場で消火活動を行う消防隊員=6日午後7時15分ごろ、秋田市向浜(渡辺浩撮影)

 合板製造大手、秋田プライウッド(秋田市)の向浜第2工場(同市向浜)で6日午後6時半ごろ発生した火災で、市消防本部は7日午後3時半、拡大の危険がなくなった「鎮圧」状態になったと発表した。鎮火は8日午前になる見込みとしている。

 秋田中央署や市消防本部によると、この火事で鉄骨造り一部2階建ての第2工場約1万8600平方メートルが全焼し、第1工場約2万1700平方メートルも一部が焼けた。第2工場の木材乾燥設備付近が火元とみて、出火原因を調べる。

 秋田プライウッドは合板生産量が国内トップクラスで、向浜第1、第2のほか男鹿工場(秋田県男鹿市)で合板を生産している。同社の担当者は「向浜第2工場の復旧の見通しは立たず、生産に相当なダメージだ」と話している。

「ニュース」のランキング