産経ニュース

【防衛施設周辺121人失踪】「9人は自衛隊勤務」の情報 背景に「自衛隊施設攪乱の準備の可能性」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【防衛施設周辺121人失踪】
「9人は自衛隊勤務」の情報 背景に「自衛隊施設攪乱の準備の可能性」

寺島佐津子さんの失踪状況について、寺島さんの家族(右)から話を聞く特定失踪者問題調査会の荒木和博代表(左)=30日午前、横浜市戸塚区 寺島佐津子さんの失踪状況について、寺島さんの家族(右)から話を聞く特定失踪者問題調査会の荒木和博代表(左)=30日午前、横浜市戸塚区

 約470人に上る特定失踪者の中には防衛施設周辺で行方不明になった人のほか、自衛隊に勤務していたという情報のある人が9人含まれている。30日の検証で、特定失踪者問題調査会が元実家近くを調べた森武史さんもその一人だ。

 調査会によると、自衛隊に勤務していたという情報がある特定失踪者9人のうち、氏名などを公開しているのは6人、残りの3人は非公開となっている。

 9人は失踪時、すでに自衛隊を退職していたり、任期制の自衛官であったりしたという。このため、調査会は国防上の機密に接する可能性は低いとみている。

 調査会の荒木和博代表は、9人の失踪が北朝鮮による拉致だと考えた場合、「自衛隊施設に忍び込むときに、怪しまれないように自衛官の基本的な動作を知るために連れていったということが考えられる」と指摘。

 「いざというときに自衛隊の駐屯地などを攪乱するための下準備だった可能性はある」と話す。

 北朝鮮工作員を特定の人間に同化させようとした例は、政府が認定している拉致被害者の場合でも明らかになっている。

「ニュース」のランキング