産経ニュース

【子宮頸がんワクチン】接種後に全身痛み…10代女性ら 国と製薬会社を提訴へ

ニュース 事件

記事詳細

更新

【子宮頸がんワクチン】
接種後に全身痛み…10代女性ら 国と製薬会社を提訴へ

会見で、全身の痛みや記憶障害などの深刻な症状を涙で話す被害者の谷口結衣さん(中央)=30日午後、東京都港区(早坂洋祐撮影) 会見で、全身の痛みや記憶障害などの深刻な症状を涙で話す被害者の谷口結衣さん(中央)=30日午後、東京都港区(早坂洋祐撮影)

 提訴方針を受け、厚労省と、ワクチンを製造販売するグラクソ・スミスクライン社は「詳細が分からないのでコメントは差し控えたい」。MSD社は「使用する方々の安全を最優先に考えている。提訴が行われた場合、法廷で証拠を提出する」とした。

 訴訟に関する相談は全国弁護団((電)03・6268・9550)で受け付ける。

【用語解説】子宮頸がんワクチン

 子宮頸がんは、性行為によるヒトパピローマウイルス(HPV)感染が主な原因。他のがんと異なり、ワクチンなどにより「予防できるがん」とされる。平成25年4月からは予防接種法に基づき、小学6年~高校1年を対象に市町村が実施する定期接種としたが、健康被害報告が相次いだため、同年6月、接種の積極的な勧奨が中止された。

このニュースの写真

  • 接種後に全身痛み…10代女性ら 国と製薬会社を提訴へ
  • 接種後に全身痛み…10代女性ら 国と製薬会社を提訴へ
  • 接種後に全身痛み…10代女性ら 国と製薬会社を提訴へ

「ニュース」のランキング