産経ニュース

【埼玉失踪少女保護】伊東市で血だらけの容疑者を取り押さえ 「自殺しようとカッターで首切った」 少女を監禁しながら千葉大を卒業

ニュース 事件

記事詳細

更新

【埼玉失踪少女保護】
伊東市で血だらけの容疑者を取り押さえ 「自殺しようとカッターで首切った」 少女を監禁しながら千葉大を卒業

静岡県伊東市内で確保された寺内樺風容疑者が治療のため入院した病院=28日午前、静岡県伊豆の国市(早坂洋祐撮影) 静岡県伊東市内で確保された寺内樺風容疑者が治療のため入院した病院=28日午前、静岡県伊豆の国市(早坂洋祐撮影)

 平成26年3月に行方不明になった埼玉県朝霞市の中学3年の女子生徒(15)が東京都中野区内で27日に保護された事件で、埼玉県警は28日未明、未成年者誘拐の疑いで逮捕状を取り指名手配をしていた同区東中野、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の身柄を静岡県伊東市内で確保した。

 埼玉県警朝霞署捜査本部によると、同日午前3時すぎ、伊東市内で「血だらけの男が歩いている」と、新聞配達員の男性から静岡県警に通報があり、県警の捜査員が現場に駆け付け寺内容疑者を確保した。

 所持していた免許証などから身元を確認。寺内容疑者は「カッターナイフで切った。自殺しようとした」という趣旨の説明をしたという。静岡県内の病院に入院。退院には数日を要するとみられ、埼玉県警はけがの回復を待って逮捕する。

 捜査関係者によると、女子生徒は、「全く知らない男に『両親は離婚してしまうので弁護士に会わせる』と声をかけられ、埼玉から車で連れて行かれた」と話しているという。

関連ニュース

【埼玉失踪少女保護】女子生徒「ずっと千葉にいた。容疑者に連れられて外出もあった」 常に監視下で逃げられず…

「ニュース」のランキング