産経ニュース

なぜ?JR東で人身事故が急増 酔客や歩きスマホ原因か、8年で3倍 予防策が急務

ニュース 事件

記事詳細

更新


なぜ?JR東で人身事故が急増 酔客や歩きスマホ原因か、8年で3倍 予防策が急務

 JR東日本の在来線で人身事故が急増していることが11日、国土交通省の統計で分かった。平成26年度は18年度の約3倍に増加。JR東は「25年度に人身事故の基準を変更したため」と話しているが、24年度には既に18年度の約2倍に増えている。ダイヤの乱れにもつながる人身事故の原因究明と有効な対策が急務となっている。

 国交省がまとめた「鉄軌道輸送安全情報」では、本人の故意でない列車との接触で命を落としたり、けがをしたりした事故を「人身障害事故」と定義して集計。主にホームからの転落やホーム上での接触、線路内立ち入りを含み、自殺や脱線事故などは除かれる。

 それによると、JR東(在来線)の26年度の人身障害事故は163件で、統計の公表が始まった18年度(57件)の約3倍。JR全7社で最も多い。JR東の説明によると、国交省への報告基準を25年度下期に見直し、警察が明確に自殺と認めない事故を人身障害事故に計上するようになり、25、26年度は連続して増加したという。

関連ニュース

電車に飛び込みの男性、運転席のガラス破って車内へ…まもなく死亡 阪神電車

「ニュース」のランキング