産経ニュース

沖縄の男性、中国から輸入のおもちゃの破片で目に重傷 国民生活センターが注意喚起

ニュース 事件

記事詳細

更新


沖縄の男性、中国から輸入のおもちゃの破片で目に重傷 国民生活センターが注意喚起

沖縄県の男性は、玩具「光るびゅんびゅんマスター」で遊んでいて目に重傷を負った=25日、東京都港区の国民生活センター(植木裕香子撮影) 沖縄県の男性は、玩具「光るびゅんびゅんマスター」で遊んでいて目に重傷を負った=25日、東京都港区の国民生活センター(植木裕香子撮影)

 国民生活センターは25日、沖縄県内に住む男性(33)が、左右にひもを引っ張って円盤を高速回転させて楽しむ玩具「光るびゅんびゅんマスター」で遊んでいた際、円盤の破片が飛び散って目に入り、重傷を負ったと発表した。同玩具を販売した事業者は現在、販売を中止しているが、同センターは同玩具にひび割れなどが見つかった場合は、使うのをやめるよう注意喚起している。

 同センターによると男性は昨年12月、沖縄県内で、子供に手本を見せようと、玩具を高速回転させて遊んでいたところ、飛散したプラスチック製の円盤の破片が目に入った。角膜裂傷などの重傷を負い、医療機関に入院したという。

 事故を受けて同センターが調査を実施したところ、ひび割れなどの破損がある状態で同玩具を使用すると、割れた破片が毎時130キロで飛散する可能性があることが判明した。調査結果を踏まえ、同センターは「小さくても傷やひび割れがある場合、使用を中止してほしい」と話している。

このニュースの写真

  • 沖縄の男性、中国から輸入のおもちゃの破片で目に重傷 国民生活センターが注意喚起
  • 沖縄の男性、中国から輸入のおもちゃの破片で目に重傷 国民生活センターが注意喚起

関連ニュース

家庭用電気マッサージ器 骨折も、高齢者は要注意 国民生活センター呼びかけ

「ニュース」のランキング