産経ニュース

暴走族の時代は終わった 17年連続減少 ピーク時の6分の1 警察庁発表

ニュース 社会

記事詳細

更新


暴走族の時代は終わった 17年連続減少 ピーク時の6分の1 警察庁発表

 警察庁は25日、昨年1年間の暴走族の活動状況を公表し、構成員は6771人(前年比59人減)で17年連続の減少となった。ピーク時の4万2510人(1982年)の約6分の1。統計を取り始めたのは昭和50年で、平成16年から最少を更新している。

 担当者は「少子高齢化や二輪免許の取得者数の減少が影響している」と説明している。

 グループ数も227(71減)となり13年連続で減った。暴走、集合行為は2883件(248件減)だった。

「ニュース」のランキング