産経ニュース

非公然組織「革命軍」アジト捜索 横田基地のゲリラ事件で警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


非公然組織「革命軍」アジト捜索 横田基地のゲリラ事件で警視庁

 東京都立川市の米軍横田基地周辺で平成25年11月、飛翔(ひしょう)弾が発射されたゲリラ事件で、警視庁公安部は23日、銃刀法違反の疑いで、過激派「革労協反主流派」でテロやゲリラ実行を担うとされる非公然組織「革命軍」のアジトを家宅捜索。捜索に抵抗して警察官を暴行したなどとして、公務執行妨害の現行犯で、最高幹部を含む60代の男女6人を逮捕した。

 公安部によると、捜索は東京都豊島区、立川市、横浜市の3アジトで実施。うち1カ所から、飛翔弾の一部とみられる部品などを押収した。公安部は、武器製造のアジトだった疑いがあるとみて裏付けを進める。

 事件は25年11月28日午後11時半ごろ発生。基地周辺で大きな爆発音がし、近くで飛翔弾や発射装置が見つかった。間もなく、報道機関に犯行声明が寄せられ、同派の機関紙も関与を認める革命軍の声明を掲載。公安部は基地を狙ったゲリラとみて、捜査していた。

 革命軍は最近、5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に反対を表明し、「サミットを爆砕する」などとの文言を機関紙に掲載しており、警察当局はゲリラを実行する恐れがあるとみて、警戒を強めている。

関連ニュース

「革命軍」名乗り、犯行声明とみられる文書届く キャンプ座間へのゲリラ事件

「ニュース」のランキング