産経ニュース

【官邸ドローン事件】無職男に猶予判決、威力業務妨害罪

ニュース 事件

記事詳細

更新

【官邸ドローン事件】
無職男に猶予判決、威力業務妨害罪

 首相官邸の屋上で小型無人機「ドローン」が見つかった事件で、威力業務妨害などの罪に問われた福井県小浜市の無職、山本泰雄被告(41)の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。田辺三保子裁判長は懲役2年、執行猶予4年、ドローン没収(求刑懲役3年、ドローン没収)を言い渡した。

 弁護側は「官邸職員の業務を妨害したとはいえず、原発再稼働を止めるための意見表明で、違法性はない」と無罪を主張。これに対し田辺裁判長は、業務妨害を認めた上で「合法的な表現手段によるべきであり、動機に酌量すべき点は乏しい」と指摘した。

 判決によると、昨年4月9日未明、放射性物質を含む土砂を入れた容器や、発炎筒を搭載したドローンを飛ばして官邸の屋上に落下させ、同月22日に発見した官邸の庁舎管理担当職員らの業務を妨げた。

「ニュース」のランキング