産経ニュース

川崎老人ホーム転落死 元職員を殺人容疑で逮捕

ニュース 事件

記事詳細

更新


川崎老人ホーム転落死 元職員を殺人容疑で逮捕

 殺人容疑で逮捕された今井隼人容疑者  殺人容疑で逮捕された今井隼人容疑者

 川崎市の介護付き有料老人ホーム「Sアミーユ川崎幸町」で入所者3人が平成26年に相次いで転落死した事件で、神奈川県警は殺人容疑で元職員、今井隼人容疑者(23)=横浜市神奈川区立町=を逮捕した。

 逮捕容疑は平成26年11月3日夜から4日未明、87歳の男性入所者を4階ベランダから投げ落とし、殺害したとしている。

 この施設では、同12月に86歳の女性が4階ベランダから、96歳の女性が6階ベランダから転落して死亡している。県警は、2カ月に3人の転落が相次いだことや、高さ約1・2メートルのベランダの手すりを身長が1・5~1・6メートルの入所者が自力で乗り越えるには不審な点があるとして捜査。いずれの時間帯も今井容疑者が勤務していたことから、任意で事情を聴いていた。

 今井容疑者は昨年5月に入居者の現金を盗んだとして窃盗容疑で逮捕、施設を懲戒解雇されていた。この施設では、別の男性職員が女性入所者の頭を手のひらでたたくなどしたとして、県警が昨年12月、暴行容疑で書類送検している。

このニュースの写真

  • 川崎老人ホーム転落死 元職員を殺人容疑で逮捕
  • 川崎老人ホーム転落死 元職員を殺人容疑で逮捕

「ニュース」のランキング