産経ニュース

捕鯨肯定する映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の公式HPにサイバー攻撃か 30日の劇場公開を前に

ニュース 事件

記事詳細

更新


捕鯨肯定する映画「ビハインド・ザ・コーヴ」の公式HPにサイバー攻撃か 30日の劇場公開を前に

 1月30日から東京・新宿で劇場公開されるドキュメンタリー映画「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」(八木景子監督)の公式サイトや、当該映画館「ケイズシネマ」のホームページが29日夜、閲覧できない状態になった。

 八木監督らによると、国際的ハッカー集団「アノニマス」とみられる集団が一斉にサイバー攻撃をしかけてきた可能性があり、映画館側が被害状況を警視庁に届け出たという。

 八木監督の作品は、和歌山県太地町のイルカ漁を批判し、アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー作品「ザ・コーヴ」(2009年、ルイ・シホヨス監督)への反証映画。昨年9月、カナダ・モントリオール世界映画祭にも正式出品され、国際的な注目を受けていた。

 アノニマスはこれまでも日本の捕鯨やイルカ漁に反対して、和歌山県太地町などの公的機関や日本企業のサイトにサイバー攻撃をしかけており、今回も「ビハインド・ザ・コーヴ」の劇場公開に反対するため、関係するHPを標的にした可能性がある。

「ニュース」のランキング