産経ニュース

在留資格認定で不正交付 外国人150人分、審査官免職

ニュース 事件

記事詳細

更新


在留資格認定で不正交付 外国人150人分、審査官免職

 東京入国管理局は28日、外国人150人分の在留資格認定証明書を、上司の決裁を受けず不正に交付したとして、入国審査官の石黒恵職員(41)を懲戒免職処分にした。東京地検にも有印公文書偽造・同行使容疑などで告発した。

 同管理局によると、石黒職員は研修・短期滞在審査部門に勤務していた2013年3月から15年11月にかけ、上司の印鑑を無断で使用するなどして決裁を受けたように書類を偽装し、証明書を交付した。

 同管理局は、地検の捜査に影響するとして動機を明らかにしなかったが「未処理案件をため込んでプレッシャーに感じたのではないか」と説明。外部と金銭の授受は確認されていないという。

 昨年11月、コンピューターのデータ上では交付済みとなっているのに、関連する個人情報が未入力だったケースがあり、不正が発覚した。監督責任を問い、上司13人も減給や戒告の懲戒処分などにした。

関連ニュース

「表参道ヒルズ」高級宝石店に強盗 店員暴行、指輪など奪い男3人組逃走…外国人か

「ニュース」のランキング