産経ニュース

歯科医が末期がん治療、自作の薬剤投与 無資格行為で逮捕

ニュース 事件

記事詳細

更新


歯科医が末期がん治療、自作の薬剤投与 無資格行為で逮捕

 医師免許を持たずに末期がん患者に注射などの医療行為を行ったとして、警視庁生活環境課などは25日、医師法違反容疑で、東京都調布市の医療法人「秀真会」理事長で歯科医師、玉置秀司容疑者(58)=府中市宮町=と、指定暴力団山口組系組員でNPO法人代表、玉置公人容疑者(42)=港区芝=ら男女3人を逮捕した。

 同課によると、3人は平成26年3月までに患者16人に医療行為を行い、患者1人につき平均157万円、計2500万円以上の収益があったという。

 逮捕容疑は、25年9月~翌26年3月まで、江東区有明にあった診療所で、30代~60代のがん患者ら男女6人に対し、医師免許がないのに計37回にわたり、未承認薬の点滴注射を行ったとしている。

 同課によると、3人はがん遺伝子治療と称して「AJS2010」という自作の薬剤を投与していた。投与された6人は、インターネット上の広告や公人容疑者が集めた末期がん患者で、一部に悪寒やじんましんなどの健康被害が出ているという。

 同課に26年3月、「医師ではない者ががん遺伝子治療と称して治療している」と情報提供があった。秀司容疑者は歯科医師の免許しか持っておらず、任意の調べに「口(こう)腔(くう)がん予防のためにやった」と説明していた。他にも関与した者がいるとみて調べている。

「ニュース」のランキング