産経ニュース

女子中学生を乱暴 首にキスによる内出血の痕…強制わいせつ容疑で難民申請中のネパール人男逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


女子中学生を乱暴 首にキスによる内出血の痕…強制わいせつ容疑で難民申請中のネパール人男逮捕 警視庁

 警視庁組織犯罪対策2課は強制わいせつ致傷容疑で、住所・職業不詳、ネパール国籍、ラビ・タパ容疑者(29)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年2月7日午後2時ごろ、東京都渋谷区内の駅の前で、女子中学生に「お金をあげるから遊びに行こう」などと声を掛け、近くに駐車されていたトラックの荷台に連れ込んで体を触るなどし、軽傷を負わせたとしている。女子中学生の首にはキスによる内出血の痕が見られた。

 同課によると、タパ容疑者は平成20年1月に就学の在留資格で来日。24年7月からは東京入国管理局に難民認定の申請を繰り返し、就労する資格を得ていた。

 都内では若い女性が被害にあう同様の強制わいせつ事件が数件あり、同課が関連を調べている。

関連ニュース

「ニュース」のランキング