産経ニュース

警視庁が東京・北区の中核派のアジト捜索 渋谷暴動事件の大坂容疑者潜伏か 

ニュース 事件

記事詳細

更新


警視庁が東京・北区の中核派のアジト捜索 渋谷暴動事件の大坂容疑者潜伏か 

 大坂正明容疑者(警察庁提供)  大坂正明容疑者(警察庁提供)

 昭和46年に警察官が殉職した過激派による渋谷暴動事件をめぐり、殺人容疑などで全国に指名手配されている大坂正明容疑者(66)が、東京都北区の中核派アジトに数年前まで潜伏していた可能性があることが18日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は同日、有印私文書偽造容疑でこのアジトを家宅捜索し、大坂容疑者の遺留物などがないか調べている。

 公安部によると、アジトは賃貸マンションで、中核派でテロやゲリラなどの非公然活動を担う「革命軍」の拠点とみられる。公安部は同日朝から家宅捜索に着手。同派の非公然活動家とみられる男2人が、捜索に入る捜査員ともみ合いになり、公務執行妨害容疑で現行犯逮捕された。2人はいずれも黙秘している。

 渋谷暴動事件は昭和46年11月14日に発生。沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派などのデモ隊が、渋谷駅周辺で機動隊員や派出所を襲撃し、新潟県警から応援派遣されていた中村恒雄巡査=当時(21)=が火炎瓶を投げつけられ、大やけどを負い死亡した。

関連ニュース

中核派の監禁致傷事件、東北大と広島大を家宅捜索 警視庁

「ニュース」のランキング