産経ニュース

【埼玉3歳女児死亡】家に帰ったら虐待しよう…「LINE」で虐待の方法相談

ニュース 事件

記事詳細

更新

【埼玉3歳女児死亡】
家に帰ったら虐待しよう…「LINE」で虐待の方法相談

 埼玉県狭山市のマンションで藤本羽月(はづき)ちゃん(3)が顔にやけどを負った状態で死んでいるのが見つかった事件で、保護責任者遺棄容疑で逮捕された母親の彩香容疑者(22)と内縁の夫、大河原優樹容疑者(24)が、携帯電話の無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って羽月ちゃんへの虐待方法を相談するやりとりをしていたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、両容疑者の携帯電話には「家に帰ったら(こういう虐待を)しよう」という趣旨のメッセージが残されていたという。

 両容疑者は調べに対し、「昨年秋口から虐待がエスカレートした」と供述。羽月ちゃんは9日の発見時、目や鼻を含む顔全体をやけどしており、彩香容疑者は逮捕前に「お湯がかかった」と説明していた。

 時期や状況についてはあいまいな供述を繰り返しており、埼玉県警は両容疑者が故意に羽月ちゃんの顔に熱湯を浴びせた疑いがあるとみて調べている。

 県警によると、羽月ちゃんにはやけど以外にも十数カ所以上の外傷があり、両容疑者は日常的に虐待を繰り返していたとみられる。

関連ニュース

押し入れに閉じ込める仕掛け 虐待の3歳女児死亡 「昨年秋からエスカレート」母親供述

「ニュース」のランキング