産経ニュース

【原発事故・水産物禁輸】韓国「放射能汚染と無関係」と説明 日本は「不当差別で風評被害助長」 外交記録で判明

ニュース 事件

記事詳細

更新

【原発事故・水産物禁輸】
韓国「放射能汚染と無関係」と説明 日本は「不当差別で風評被害助長」 外交記録で判明

 東京電力福島第1原発事故を受けて、福島を含む8県の水産物の輸入を全面禁止している韓国が、「同地域の水産物は放射能汚染と関係なく、(韓国)国内流通が全面禁止される」と日本側に伝えていたことが2日、情報公開請求で外務省と農林水産省が明らかにした外交文書で分かった。韓国に対してはすでに世界貿易機関(WTO)に提訴済みで、政府関係者は「韓国の輸入禁止は科学的根拠がない不当な差別で、風評被害を助長している」と説明している。

 原発事故後、54の国・地域が日本の食品や水産物などの輸入を規制した。その後、徐々に規制の撤廃が進んでいるが、輸入禁止の措置をとる国・地域は韓国を含め、現在も9つある。

 産経新聞は外務省と農水省に対し、平成23年3月の原発事故後から27年9月末まで、それら9の国・地域の輸入禁止についての対外交渉記録一式の公開を請求した。

 入手した文書によると、韓国の海洋水産部などが25年9月、「放射能汚染と関係なく」全面輸入禁止を日本側に通告。その理由は「(福島第1原発の汚染水漏れ以降)日本政府がこれまで提供した資料だけでは今後の事態を正確に予測することが難しいという(韓国)政府の判断によるものである」と明示している。

関連ニュース

【原発事故・水産物禁輸】内陸県なのに…韓国、希薄な根拠で水産物規制 中国と証明書交渉中に尖閣問題

「ニュース」のランキング