産経ニュース

【靖国爆発】粉末は1.8キロの「黒色火薬」 全容疑者、再入国時に持ち込み

ニュース 社会

記事詳細

更新

【靖国爆発】
粉末は1.8キロの「黒色火薬」 全容疑者、再入国時に持ち込み

全昶漢容疑者=9日午後8時45分、東京都千代田区(鴨川一也) 全昶漢容疑者=9日午後8時45分、東京都千代田区(鴨川一也)

 靖国神社(東京都千代田区)の爆発音事件で、建造物侵入容疑で逮捕された韓国人、全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者(27)が再入国した際に持ち込んだ粉末は、約1.8キロの黒色火薬だったことが22日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁公安部は、火薬類取締法違反の疑いもあるとみて、慎重に裏付けを進めている。

 全容疑者は9日、羽田空港へ再入国。出発地の韓国・金浦空港で預けたリュックからは、ポリ袋に入った粉末や、タイマーのような装置が発見され、鑑定の結果、粉は黒色火薬だったことが分かった。

 爆発音事件で現場に遺留された金属パイプの中から見つかった粉も黒色火薬と判明しており、公安部は全容疑者が再入国の際に持ち込んだ火薬との関連を調べている。

 黒色火薬の航空機への持ち込みは禁止されており、国土交通省は22日、外交ルートを通じて、韓国の航空保安当局に保安検査の徹底などを申し入れた。保安検査は出発国が行うことが国際ルールとなっている。

「ニュース」のランキング