産経ニュース

LINEで「身代金要求型ウイルス」を販売 容疑の少年を再逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


LINEで「身代金要求型ウイルス」を販売 容疑の少年を再逮捕 警視庁

 他人のパソコンをロックして金銭を要求する「身代金要求型ウイルス」を販売したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は24日、不正指令電磁的記録提供容疑などで、札幌市の中学2年の少年(14)を再逮捕した。同課によると容疑を認め、「金もうけのためだった」と話している。

 再逮捕容疑は7月31日、「ランサムウェア」と呼ばれる身代金要求型ウイルスを、無料通信アプリ「LINE」で知り合った名古屋市の中学2年の女子生徒(14)に販売したなどとしている。少年は少女からアマゾンギフトカードで3千円分を受け取っていた。

 また同課によると、少年は「別のインターネットツールをあげる」などと嘘を言って、少女のパソコンに2種類の遠隔操作ウイルスをダウンロードさせ、少女のスカイプのIDなどを盗み取ったという。少年は「遠隔操作ウイルスの動作を試したかった」と述べているという。

 少年はネットバンキングの不正送金ウイルスをパソコンに保管したとして、不正指令電磁的記録保管容疑で逮捕されていた。同課は少年がネット掲示板のほか、LINEでもウイルスの販売を持ちかけていたとみて調べている。

「ニュース」のランキング