産経ニュース

【靖国爆発】トイレに時限発火装置か、過激派の手口模倣の可能性 防犯カメラに不審な男

ニュース 事件

記事詳細

更新

【靖国爆発】
トイレに時限発火装置か、過激派の手口模倣の可能性 防犯カメラに不審な男

爆発があったとされるトイレ周辺には警視庁や消防隊員らが集まり騒然とするなか、現場検証などが行われていた=東京・靖国神社(鈴木健児撮影)

 23日午前10時ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社で「爆発音がした。煙があがっている」と神社の男性職員から110番通報があった。警視庁公安部によると、神社南門近くの公衆トイレの男性用個室トイレから、パイプ4本や時限発火装置のようなデジタル式タイマーが見つかった。けが人はなかった。遺留品の特徴などから国内の過激派などが組織的に関与した可能性は低いという。警視庁は何者かが過激派の手口を模倣した可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、爆発前に紙袋のようなものを持った男が現場のトイレから立ち去る姿が防犯カメラに写っていた。公安部は映像の男と事件との関連を調べている。犯行予告や声明は確認されていない。

 捜査関係者によると、爆発があった個室トイレの天井には30センチ四方の穴が開いており、屋根裏から金属製とみられるパイプが見つかった。パイプは長さ20センチ、直径3センチほどで、口がふさがれ4本が束ねられていた。床には乾電池や電池パック、リード線などが散乱。パイプにはリード線が繋がっていた。

「ニュース」のランキング