産経ニュース

環7を時速124キロで暴走、オービスに向かって“ピース” 「シルビア」運転の男逮捕 警視庁

ニュース 事件

記事詳細

更新


環7を時速124キロで暴走、オービスに向かって“ピース” 「シルビア」運転の男逮捕 警視庁

 環状7号線を時速124キロで走行したとして、警視庁交通執行課は11日、道交法違反(速度超過)容疑で、住居不定無職の室岡祐輔容疑者(21)を逮捕した。同課によると、容疑を認め「捕まると思っていなかった」と話している。

 同課によると、室岡容疑者は東京都足立区周辺で、ナンバープレートを取り外した日産「シルビアS13」に乗り、速度超過を繰り返していた。

 速度違反自動取締装置(オービス)に向かって、たばこを吸いながらピースサインしたり、顔をしかめたりするなど、挑発的な態度が特徴的だったという。同課は道路運送車両法違反容疑でも捜査する。

 逮捕容疑は8月9日午後7時45分ごろ、最高速度時速50キロ指定の環状7号線で、時速124キロで走行したとしている。 

「ニュース」のランキング