産経ニュース

賃金未払いで「明光義塾」運営会社に是正勧告 仙台労働基準監督署

ニュース 事件

記事詳細

更新


賃金未払いで「明光義塾」運営会社に是正勧告 仙台労働基準監督署

 アルバイト講師の授業前後の準備時間について、賃金未払いの違法行為があったとして、仙台労働基準監督署が学習塾大手「明光義塾」を運営する「明光ネットワークジャパン」(本社・東京都新宿区)に是正勧告をしていたことが26日、分かった。労働組合「個別指導塾ユニオン」が同日、明らかにした。同社は「勧告を受けたのは事実で、指導に基づき、誠実に対応する」としている。

 宮城県内の明光義塾で、講師として働く大学院生の男性(23)によると、「明光ネットワークジャパン」からは「コマ給」と呼ばれる授業1コマあたりの賃金以外に、準備時間として授業前後の計30分間分に相当する「日次手当」(400円)が支払われていた。だが、実際は準備に1時間30分以上が必要で「未払い賃金の発生が常態化していた」としている。

 男性が9月中旬に労基署に申告し、労基署が今月6日、賃金未払いを認めて是正を勧告した。

 また、ユニオンによると、同社のフランチャイズ加盟社4社も賃金未払いや違法残業などがあり、埼玉県や東京都、大阪府内の各労基署が今月、それぞれ是正勧告したという。

「ニュース」のランキング