産経ニュース

【朝日慰安婦報道訴訟】初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」

ニュース 事件

記事詳細

更新

【朝日慰安婦報道訴訟】
初弁論で渡部昇一氏が意見陳述「日本国民の名誉傷つけた罪重い…」

 慰安婦をめぐる朝日新聞の報道で誤った事実が国際社会に広まり、日本国民の名誉と信用が傷つけられたとして、約8700人が同社を相手取り、1人1万円の損害賠償と謝罪広告掲載を求めた訴訟の第1回口頭弁論が14日、東京地裁(脇博人裁判長)で開かれた。原告団長の渡部昇一上智大名誉教授は意見陳述で、「朝日新聞社長が慰安婦の実態について誤って認識している国連などを訪れ、訂正と謝罪をすることを望んでいるが、朝日新聞がそれをしないため、提訴した」と裁判の意義を語った。

 朝日新聞側は「(慰安婦は強制連行されたと証言し、後に撤回した)吉田清治氏の証言に基づく記事を取り消したとしても、慰安婦に強制の要素があったことは否定されない。報道で原告や国民の名誉が毀損された事実はない」としており、争う姿勢を示した。

「ニュース」のランキング