産経ニュース

【ロシア万華鏡】チェルノブイリで第2の放射能汚染の危険 森林火災で大気中に拡散し…

ニュース 事件

記事詳細

更新

【ロシア万華鏡】
チェルノブイリで第2の放射能汚染の危険 森林火災で大気中に拡散し…

コンクリートで覆われたチェルノブイリ原発4号機。周辺環境への汚染防止作業は現在も続いている=2011年4月(佐藤貴生撮影)

 旧ソ連のウクライナのチェルノブイリ原発周辺で、事故発生から29年が過ぎた今年、新たな放射能汚染の脅威が浮上している。原発周辺の森林や野原で大規模火災が相次ぎ、一部で大気中に基準値を超える放射性物質が検出されたためだ。周辺地域の除染が徹底されておらず、土壌や草木に残る放射性物質が火災の際の強風にあおられ、大気中に拡散したものとみられる。

 ロシアの専門家は独自の調査データから「危険性はそれほど高くない」と分析しているが、環境保護団体は「ガンの発生率があがる恐れがある」と主張。ウクライナ政府に対して徹底した情報公開と対策を要請している。住民の間には事故発生時に真実が発表されなかった国に対する不信感が今も根強く残り、今後の生活に大きな不安を呼び起こしている。

 ウクライナの首都キエフから北方120キロに位置するチェルノブイリの原発事故はソ連時代の1986年4月に発生した。4号機が試験運転中に爆発し、大量の放射性物質がベラルーシやロシアなどの旧ソ連地域、さらには欧州各地に拡散した。

 当時のゴルバチョフ政権は当初、事故の発生をひた隠しにし、消火活動に当たるなどした原発職員数十人が急性放射線障害で死亡、のちに約33万人が強制移住させられた。事故の深刻度を示す国際尺度は東京電力福島第一原発事故と並ぶ最悪の「レベル7」。発生4~5年後には、子どもの甲状腺がんが急増したことが報告されている。

「ニュース」のランキング