産経ニュース

コーン畑荒らし犯は400キロの巨体ヒグマ

ニュース 事件

記事詳細

更新


コーン畑荒らし犯は400キロの巨体ヒグマ

北海道紋別市で捕獲された体重400キロにもなるオスのヒグマ=9月(人物の顔を加工しています、佐藤常男さん提供)

 北海道紋別市のトウモロコシ畑で9月下旬、体重約400キロにもなる雄のヒグマが捕獲、駆除された。地元住民が「メタボ体形」と冗談で呼ぶほどの巨体で、猟友会の男性(71)は「300キロでも大きい方。40年以上ハンターをしているが、こんなクマは見たことがない」と驚いている。

 紋別市によると、8月ごろから畑や民家近くでヒグマの足跡が複数見つかり、市や警察などがパトロールを強化していた。コーンの食害に悩んだ農家が猟友会に依頼。畑を刈り取り、隠れ場所を狭め、畑から飛び出してきたヒグマを9月26日にハンターが仕留めた。

 旭山動物園(旭川市)もうじゅう館担当職員の大西敏文さんは「捕獲された中では過去最大級だろう。畑はクマにとって楽園。冬ごもり前は食欲旺盛で、太ってしまったのでしょう」と話した。北海道は5日、ヒグマの好物のミズナラやブナの実が今秋は不作で、餌を求め市街地や農地に出没する可能性が例年より高いと発表した。

関連ニュース

北海道で2人死傷させたヒグマ射殺 DNA型分析で判明

「ニュース」のランキング