産経ニュース

【御嶽山噴火1年】「私が撮った写真に亡くなった方が…」 8合目・女人堂で噴火時の登山者らが追悼

ニュース 事件

記事詳細

更新

【御嶽山噴火1年】
「私が撮った写真に亡くなった方が…」 8合目・女人堂で噴火時の登山者らが追悼

御嶽山の標高2480メートル付近の女人堂で、噴火の時間に合わせて山頂に向かって黙祷する登山者ら=27日午前11時52分、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)

 58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山(おんたけさん、長野、岐阜両県)の噴火から1年を迎えた27日、御嶽山8合目の山小屋、女人堂では、朝から登山者が続々と訪れ、献花台に花を手向け手を合わせた。噴火発生時刻の午前11時52分には山頂を望む山小屋前に20人ほどの登山客が集まり、犠牲者をしのんで1分間の黙祷を行った。(写真報道局 早坂洋祐)

 長野県諏訪市から慰霊登山に訪れた50代の夫婦は昨年の噴火当日、山頂で噴火の瞬間を目撃した。

 「噴煙を見た後は、振り返りもせず、慌てて山をおりた。頂上山荘に避難したときには噴石が体の横に落ちてきた」と振り返った。続けて「私が撮った写真に亡くなった方が写り、亡くなった方の撮られた写真に私が写っていた。1年経っても、やりきれない思いでいっぱいです」と語りながら、涙を流した。

 一部の登山客は、火山灰が残る登山道を9合目まで登り、多くの犠牲者を出した山頂に近い場所で冥福(めいふく)を祈っていた。

「ニュース」のランキング