産経ニュース

横浜市立みなと赤十字病院 内視鏡処置で死亡事故「不適切な対応あった」と謝罪

ニュース 事件

記事詳細

更新


横浜市立みなと赤十字病院 内視鏡処置で死亡事故「不適切な対応あった」と謝罪

 横浜市立みなと赤十字病院(横浜市中区)は25日、救急搬送された70代の男性患者が内視鏡を用いた処置を受けた後に容体が悪化、その後の対応が遅れたことなどで心肺停止となり、死亡につながったと明らかにした。四宮謙一院長は「患者管理に不適切な対応があった。心からおわび申し上げる」と謝罪した。

 同院によると、男性は昨年12月17日に腹痛などを訴えて緊急搬送され、総胆管結石による胆管炎と診断された。同日、内視鏡を用いた切開処置を受けたが、処置後の18日朝に失血性ショックとなり、切開箇所の止血を行う再処置中に一時心肺が停止。昏睡(こんすい)状態となって今年2月20日に敗血症・多臓器不全で死亡した。

「ニュース」のランキング