産経ニュース

【東日本豪雨】3人死亡 鬼怒川決壊で行方不明22人に 常総市、浸水1万1000棟 宮城でも決壊・氾濫、1人不明

ニュース 事件

記事詳細

更新

【東日本豪雨】
3人死亡 鬼怒川決壊で行方不明22人に 常総市、浸水1万1000棟 宮城でも決壊・氾濫、1人不明

 豪雨で鬼怒川の堤防が決壊し、大規模な水害に見舞われた茨城県常総市は11日、22人と連絡が取れていないとして安否確認を進めた。宮城県でも堤防が決壊。川の氾濫も相次ぎ、同県栗原市で水没した車から見つかった女性(48)の死亡を確認したほか、車ごと流された男性(62)が行方不明となった。栃木県では2人が死亡し、警察庁によると、台風の影響による豪雨被害の死者は計3人、負傷者は計26人になった。

 茨城県によると、常総市の浸水被害は約1万1千棟に上り、救助要請のあった約840人のうち、警察や消防、自衛隊が同日夕までに約650人を救助した。災害対策の拠点となる市役所は床上浸水で一時孤立したが、ボートで住民が救助された。県警によると、不明者には8歳の子供2人が含まれる。

 国土交通省によると、決壊場所付近で11日午前、水の流入が止まっているのが確認された。浸水地域ではポンプ車による排水作業を開始。11日夜には決壊した堤防の補修工事も始めた。

 記録的大雨となった宮城県では大崎市の渋井川が決壊、住宅街が浸水した。市は、浸水被害があった地区に避難勧告や避難指示を出しておらず、「対応が遅れた」としている。

「ニュース」のランキング