産経ニュース

神戸連続児童殺傷事件「元少年A」がホームページ開設

ニュース 事件

記事詳細

更新


神戸連続児童殺傷事件「元少年A」がホームページ開設

店頭に並ぶ、神戸連続児童殺傷事件の加害男性が「元少年A」の作者名で出版した「絶歌」=神戸市中央区のジュンク堂書店(頼光和弘撮影)

 平成9(1997)年に神戸市須磨区で発生した連続児童殺傷事件の加害者の元少年が、自身の公式ホームページ(HP)を立ち上げたと、10日発売の週刊文春や週刊新潮が報じる。

 両誌の報道によると、先月末に「元少年A」から手紙が届いた。「少年Aから本誌への手紙」と題した文春の記事によると、手紙の最後に「いろいろ思うところがあり、急遽ホームページを開設しました」「今後はこのホームページを基盤に情報発信をしていく所存です」と書かれ、URLが記されていたという。

 産経新聞が確認したところ、「存在の耐えられない透明さ」とのタイトルが記されたHPに、元少年の身長や体重、出身地などのプロフィルを掲載。「セルフポートレートシリーズ」と題した、本人とみられる顔が隠れた写真なども載っていた。

 また、6月に太田出版(東京)から出版された元少年の手記「絶歌」について、「少年Aについて知りたければ、この一冊を読めば事足りる」などと記した宣伝と受け取れる文章があった。被害者遺族への謝罪はなかった。

 産経新聞はHPに記されているメールアドレスにメールを送り、元少年に取材を申し込んでいる。

遺族に無断で出版、多額の印税、出版の「良識」…専門家は

「ニュース」のランキング