産経ニュース

印象操作か? 拉致解決のブルーリボン TBSドラマで悪徳代議士に着用

ニュース 社会

記事詳細

更新


印象操作か? 拉致解決のブルーリボン TBSドラマで悪徳代議士に着用

TBSドラマ「SP八剱貴志」の一場面より TBSドラマ「SP八剱貴志」の一場面より

 産経新聞の取材に対し、TBS広報部は「(バッジは)ドラマの小道具として他意なく用いたが、配慮に欠けていた。今後は注意していきたい」とコメント。バッジ使用の経緯や理由は「担当者が不在のため、答えられない」とした。

 昭和53年8月に拉致された増元るみ子さん(61)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(59)は「ブルーリボンは北朝鮮に対する圧力で、多くの人が付けることで『日本人は拉致被害者を忘れていない』という無言の意思表示だと思っている」と説明。ドラマでの使用によって、視聴者の被害者救出運動やブルーリボンに対する印象が悪くなる恐れもあるとして、「イメージダウンにつながるようなことはやめてほしい」と話す。

 拉致問題を調べている「特定失踪者問題調査会」の荒木和博代表は、TBSが「他意はない」としていることに関し、「人の命がかかっている拉致問題をきちんと考えているかどうかがそういうところに出たのではないか。深刻に受け止めてもらいたい」と話す。

続きを読む

このニュースの写真

  • 印象操作か? 拉致解決のブルーリボン TBSドラマで悪徳代議士に着用
  • 印象操作か? 拉致解決のブルーリボン TBSドラマで悪徳代議士に着用
  • 印象操作か? 拉致解決のブルーリボン TBSドラマで悪徳代議士に着用

「ニュース」のランキング